RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ぴっかぴかにビビるうさぎ。

2014.05.01 Thu

今日はメンテのおかげで朝のうちに秘密にいけなかったうさぎです。
まぁお昼に行ったんですけどね。

メンテの間暇で暇でしかたがなかったのでお絵かきをしてみました。
うさ仔
うさ仔.姫。やっぱり私は姫が好き。かわゆい。
おうち(ギルドホール)では基本的に姫でくつろいでます。
普段は姫で、時々リトルに変身して正義のために戦っている、という脳内設定。



メンテ中にびっきーちゃんと光煌輝パイセンとSkypeで今後のアバター実装についてわふわふしてました。
海賊シフさんのかっこよさったらありゃしない!!
花魁悪魔のお色気っぷりもやばいけど、マリン光奏師かわいすぎて溶けそう。
マリン光奏師あざとすぎる。かわいい。幼稚園児みたい。かわいい。

姫はほんとうに幼稚園児になっちゃうみたいですね。
ってことは幼稚園児を鞄に入れて持ち去る事案が発生するわけですね。
それなんてロリ誘拐???

アバターシステムなんてどう考えても課金ゲーですよねー。
んー、どうなることやら……。


メンテが終わってからはいつもどおりミズナ秘密に行ってから、
ちょこっとだけボス覗いたりしてみました。

ボスは別に普通だったけど、途中にいたぴかぴかしたやつにビビりました。
RedStone 14043001
ぴゃーっと移動してたら突如視界に映りこむピカピカ。
別に襲われたわけじゃないけど、なんかこわいよ。存在が。

あ、画像のうさ仔は女神中なのでまだここまでレベルあがってないです。
500超えたらちょっと気が抜けてペースダウンしちゃって。。。

光煌輝パイセンのサブにレベル追いついたからまた一緒に狩りが出来ると思ったのに、携帯の調子が悪いとかなんとか……。
先日びっきーちゃんもインターネットにつながらない&メールが受信できないっていう現象に見舞われてログインできてなかったはず。
ワンタイムキーって便利なんだか不便なんだかわからないですね。



レベルあげをしていない変わりに無駄に称号クエストやったりしてます。
資格マニアみたいな。

あんまりクエストの内容をじっくり見ないタイプの私なのですが、
めずらしくじっくりクエスト読んでみました。

モンスター鑑別士Lv6の『死んだ妻の蘇生
タイトルからして嫌な予感しかしない……。

死者蘇生術研究書とやらを手に入れて、材料を手に入れて……
依頼主アールカインさんに届けると

アールカイン「妻が! 妻が! 蘇ったぞ!」
 蘇った奥さんウロウロ
アールカインの妻「ウウウッ! ウウアアア……!!!」
アールカインの妻「た、助けて…。身体が、腐っていくわ…。アールカイン…!」
アールカイン「ダメだ! 妻が! また死んでしまうっ!!!」
 奥さん消失


なにこれ怖い。
きっとあれだよ、生命の水とマミーの身体の一部って材料がダメだったんだよ。
人体練成といえばやっぱり水と炭素のアンモニアと石灰とリンとetc……
いや、やっぱり人体練成はだめだね。うん。もってかれちゃうね。

結局その後のストーリーはまたしても読まずにすすめてモンスター鑑別士も10までとっちゃいました。
残るは限界突破とベルセルクのみ……これは果てしない道のりになりますね。


しかしまぁ『死んだ妻の蘇生』も地味に重い内容でしたけど
長編クエスト『アリエルの薬』の『物語の結末』もモンスターになってもどれなくなった人に安息を与えてあげようってとどめさしたり。
セントロード長編クエスト『少女のための鎮魂歌』では自分が死んでしまっていると気づいていない女の子のお願いを聞いてあげて……クエストが終わった後の「いやあぁっ! メイ、もっと遊びたいの!」って台詞に「お、おぅ……」ってなりますね。
地味に精神的ダメージ多いと思います。
切ないというより絶妙な後味という感じです。あくまで個人的な感想ですけども。

飛ばし飛ばし気まぐれにしかクエスト読んでないのにこんなのばっかり読んじゃうから余計に、もう、、、。

なんかもっとばかばかしいクエストないかなー??



明日は天上界へお出かけ予定です。
あさるとばすたーパイセンも天上界に用事があるらしいので一緒にいけるよ!
やったね! 鞄に忍び込み安定だね!!

スポンサーサイト
Category:RED STONE | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。